Perl5 リファレンス

配列を扱う関数

関数名概要
pop 配列の最後の要素を取り除き、その値を返す。
push 配列の最後に値を追加挿入する。
shift 配列の1番目の要素を取り除き、その値を返す。
splice 指定の要素を削除し、別の要素に置き換えます。削除した要素を返す。
unshift 値を配列の1番目に追加挿入し、挿入後の配列要素数を返す。
[Perl5リファレンストップに戻る]