Perl5 リファレンス

入力・出力関数

関数名概要
binmode ファイルの書き込み・読み込みにおけるモードをバイナリーモードにする。
close ファイルや、ファイルハンドルで関連付けされたパイプをクローズする。
closedir opnedir関数でオープンされたディレクトリをクローズする。
dbmclose [この関数は、untie関数に置き換えられました。]
dbmopen [この関数は、tie関数に置き換えられました。]
die 指定されたリストの値を STDER に出力し、終了する。
eof ファイルハンドルの読み出しで、次がファイルの終端なら 1 を返す。
fileno ファイルハンドルのファイルディスクリプタを返す。
flock ファイルをロック・アンロック(ロック解除)する。
format write関数で使う書式を宣言する。
getc ファイルハンドルに結び付けられた入力ファイルから次の文字を返す。
print 指定された文字列および、文字列のリストを出力します。
printf 与えられた値を指定された書式に変換し、ファイルハンドルに出力する。
read 指定されたファイルハンドルから指定されたバイト数分を読み込み、指定のスカラー変数に代入する。
readdir opendir関数によってオープンされたディレクトリ内に含まれるファイルやディレクトリの名前のエントリを取得する。
rewinddir readdir関数での現在位置を、先頭に設定する。
seek ファイルハンドルの現在位置を設定する。
seekdir readdir関数での現在位置を設定する。
select Returns the currently selected filehandle.
syscall Calls the system call specified as the first element of the list, passing the remaining elements as arguments to the system call.
sysread 指定されたファイルハンドルから指定されたバイト数分を読み込み、指定のスカラー変数に代入する。
sysseek Sets FILEHANDLE's system position using the system call lseek(2).
syswrite 指定されたファイルハンドルへ、指定のスカラー変数から指定されたバイト数分を書き込む。
tell ファイルハンドルの現在位置を返します。
telldir readdir関数での現在位置を返します。
truncate ファイルや文字列を、指定された長さに切り詰める。
warn STDERR にメッセージを出力する。しかし die関数のようにプログラムは終了しない。
write format関数で定義された書式で、指定されたファイルハンドルにレコードを書き込む。
[Perl5リファレンストップに戻る]