Perl5 リファレンス



chop

【文法】

chop 変数
chop 配列


【説明】

文字列の最後の文字を取り除き、その文字を返します。主に、入力値の最後から改行を取
り除くために使います。chop関数は、文字列をスキャン、コピーをしないため、s/\n// 
より能率的です。引数となる文字列を省略すると、$_ が適応されます。

引数に配列を指定した場合には、各要素の最後の文字が取り除かれます。そして、最後の
要素から取り除かれた文字が返されます。

chop関数は、最後の文字を返すことに注意してください。最後の文字ではなく、すべての
文字を返す場合には、substr($string, 0, -1) を使ってください。


【用例】

while (<>) {
	chop;   # 改行を取り除きます。
	@array = split(/:/);
	#...
}




Perl5リファレンスに戻る