Perl5 リファレンス



lcfirst

【文法】

lcfirst EXPR


【説明】

EXPRの一番最初の文字を小文字にして返します。これは、ダブルクォーテーションで囲ま
れた文字列の中の "\l"エスケープの機能を実装した内部関数です。強制的に "use 
locale" するなら、現在の LC_CTYPE に注意してください。perllocale manpageをご覧下
さい。

EXPRが省略されると、"$_" を適応します。


【使用例】

$Expr = 'ABCDEFG';
$LcfirstExpr = lcfirst $Expr;
print "$LcfirstExpr";
----------------------
aBCDEFG
----------------------
※一番最初の文字が「A」であるため、「a」に変換されます。



$Expr = 'abcdefg';
$LcfirstExpr = lcfirst $Expr;
print "$LcfirstExpr";
----------------------
abcdefg
----------------------
※一番最初の文字が「a」で最初から小文字であるため、何も変換されません。


Perl5リファレンスに戻る