CGI のセットアップが完了したら、次は CGI の設定をします。CGI の設定はすべてブラウザー上で行います。まずは admin.cgi にブラウザーでアクセスしてください。認証画面が出てきますので、CGI 設置の際に設定したユーザー名とパスワードを入力してログオンしてください。

 パスワードに関しては、画面下のパスワード入力用ソフトウェアキーボードを押すことで、パスワード欄に入力することができます。これは、近年問題になってきたキーボードから入力した文字を盗もうとするスパイウェアに対抗するための機能です。万が一、ご利用のパソコンにこのようなスパイウェアが感染していたとしても、キーボードを直接入力しないため、パスワード漏洩を防ぐことができます。もし面倒であれば、「直接入力」にチェックを入れて下さい。パスワード欄に直接入力することができるようになります。

▼図:ログオン画面
ログオン画面

 ログオンが完了すると「全文検索 CGI 管理メニュー」が表示されます。

▼図:管理者メニュートップ

 各設定の詳細をご覧頂き、お使いの環境に適した設定を行ってください。

システム設定

全文検索CGI を動作させるための設定です。必ずすべてを設定してください。はじめて本CGIをご利用になる際には、他のメニューをご利用になる前に必ずシステム設定を行って下さい。

インデックス構築

全文検索用のインデックスを構築します。インデックス構築が完了しないと、検索機能が働きません。検索機能をご利用になる前に必ずインデックス構築処理を行って下さい。

動作確認

検索が行えるかどうかを、実際に検索キーワードを入力して確認することができます。インデックス構築処理が完了したら、このメニューで動作確認をして下さい。

検索結果画面編集

検索結果表示画面のテンプレートを編集します。

エラー画面編集

エラーメッセージを表示する際の画面テンプレートの編集を行います。

検索フォーム生成

検索フォームのHTMLを表示します。ここで表示されたタグを、お好きなページに埋め込んでご利用いただきます。

文書一覧表示

インデックス化されている文書の一覧を表示します。

キーワード分析

全文検索CGIでは、サイト訪問者が検索に使ったキーワードを日ごとに記録しています。実際に使われたキーワードを分析したり、ログファイルを削除します。

パスワード変更

管理メニューにログオンするための管理者IDとパスワードを変更します。

ライセンス登録

ライセンス登録を行います。ご購入後、お知らせしたライセンスキーを入力して登録して下さい。