早速 CGI の設置を始めましょう。以下の順に従って、CGI を設置して下さい。

  1. Perl のパス設定
  2. サーバへアップロード
  3. インストール開始
  4. 管理者パスワードの設定

install.cgi の Perl のパスを確認しましょう。テキストエディターを使って、install.cgi を開いて下さい。1 行目には、#!/usr/bin/perl と書かれているはずです。この行を、ご利用のサーバの環境に合わせて書き換えて下さい。多くのサーバでは、概ね、次のいずれかであることが多いようです。

#!/usr/local/bin/perl
#!/usr/bin/perl

top へ戻る

サーバにアップロードしたら、下表の通りにフォルダーやファイルのパーミッションを適切に変更して下さい。

ファイル・フォルダー名  転送モード   パーミッション 1   パーミッション 2 
ftsearch/  ftsearch/
変更不要 707
install.cgi install.cgi  install.cgi
[ASCII] 704 705
install/ install/  install/
[ASCII] 変更不要 変更不要

■ 転送先

 フォルダー ftsearch を、CGI が動作する領域に、そのままサーバへ ASCII モードでアップロードしてください。

■ パーミッション

 上表に記載されているパーミッションは、あくまでも例です。お使いのプロバイダー、ホスティングサービス事業者の指示に従ってください。

 上表では、パーミッションを 2 種類掲載しております。CGI がオーナー権限で実行されるサーバをお使いの場合には、パーミッション 1 の設定を使ってください。CGI が ohter 権限で実行されるサーバをお使いの場合には、パーミッション 2 の設定を使ってください。

 CGI がオーナー権限で実行されるか、other 権限で実行されるかは、お使いのプロバイダーもしくはホスティングサービス事業者に確認してください。おおむね、CGI ファイルのパーミッションが、704 でも動作する場合には、オーナー権限で実行されると考えても結構です。CGI ファイルのパーミッションが、705 もしくは 707 でないと動作しない場合には、other 権限で実行されているとお考えください。

 「変更不要」と指定しているファイルは、サーバにアップロードするだけで OK です。あえてパーミッションを変更しないで下さい。 

top へ戻る

 サーバにアップロードした install.cgi にブラウザーでアクセスして下さい。インストール開始画面が表示されます。

▼図: インストール開始画面

 インストール開始画面で "インストール" ボタンを押すと、サーバへのインストールおよび設定が自動的に行われます。インストールが完了すると、インストール完了画面が表示されます。

▼図: インストール完了画面

 インストールが完了し、上記画面が表示されたら、まず、FTP ソフトを使って、install.cgi を削除して下さい。そして、admin.cgi にブラウザーでアクセスして下さい。上記画面のリンクをクリックしてアクセスすることができます。尚、admin.cgi は、install.cgi と同じ場所に生成されております。

 もし admin.cgi にアクセスしたら、下図のように「DB_Fileモジュールがサーバにインストールされていないため、ご利用いただけません。」というメッセージが表示された場合は、現在ご利用になっているサーバに、DB_Fileモジュールと呼ばれる Perl モジュールが、ご利用のサーバにインストールされておらず、このままでは全文検索 CGI をご利用いただけません。ご利用のホスティングサーバ事業者か、サーバ管理者にお問合せ下さい。

▼図:エラー画面例

 インストールが完了して、CGI の動作が確認できたら、必ず install.cgi を FTP を使って削除して下さい。第三者に install.cgi にアクセスされると、都度、CGI 関連ファイルが上書きされてしまいます。セキュリティー上、非常に危険ですので、忘れることがないようご注意下さい。

 admin.cgi にブラウザーでアクセスしても Internal Server Error となる場合には、マニュアルインストールをして下さい。

top へ戻る

 さて、いよいよ管理メニューにアクセスします。ブラウザーから admin.cgi にアクセスしてみてください。インストールが正常に完了していれば、次のパスワード設定画面が表示されます。

▼図:パスワード設定画面
パスワード設定画面

 管理者用パスワード設定画面が出てきたら、管理者用のユーザー名とパスワード(2 回)を入力して "設定" ボタンを押してください。ここで設定したユーザー名とパスワードを使って次回以降、管理者メニューにアクセスします。管理者用のユーザー名とパスワードを設すると、ログオン画面が表示されます。

▼図:ログオン画面
ログオン画面

 ログオン画面に、先ほど設定した管理者 ID とパスワードを入力して "ログオン" ボタンを押してください。

 パスワードに関しては、画面下のパスワード入力用ソフトウェアキーボードを押すことで、パスワード欄に入力することができます。これは、近年問題になってきたキーボードから入力した文字を盗もうとするスパイウェアに対抗するための機能です。万が一、ご利用のパソコンにこのようなスパイウェアが感染していたとしても、キーボードを直接入力しないため、パスワード漏洩を防ぐことができます。もし面倒であれば、「直接入力」にチェックを入れて下さい。パスワード欄に直接入力することができるようになります。

認証が通れば、管理メニューが表示されます。

▼図:管理者メニュートップ

 インストールが完了して、以上の動作が確認できたら、必ず install.cgi を FTP を使って削除して下さい。第三者に install.cgi にアクセスされると、都度、CGI 関連ファイルが上書きされてしまいます。セキュリティー上、非常に危険ですので、忘れることがないようご注意下さい。

 次は、CGI の設定を行います。

top へ戻る