CGI のセットアップが完了したら、次は CGI の設定をします。CGI の設定はすべてブラウザー上で行います。まずは admin.cgi にブラウザーでアクセスしてください。認証画面が出てきますので、CGI 設置の際に設定したユーザー名とパスワードを入力してログオンしてください。

▼図:ログオン画面

 ログオンが完了すると「MP Form Mail CGI Professional 版 管理メニュー」が表示されます。各設定の詳細をご覧頂き、お使いの環境に適した設定を行ってください。

システム診断

MP Form Mail CGI Professional版が正しくセットアップされているかを診断します。設定の前に必ずシステム診断を実行してください。異常があると、赤字で警告を表示します。

基本設定

MP Form Mail CGI を動作させるために必要最低限の設定です。必ずすべてを設定してください。

機能設定

各種オプション機能を設定します。お好みに合わせて機能を選択してください。

項目設定

フォームの各項目ごとに、必須かどうか、入力文字数(バイト数)上限、入力値の変換、入力値の制限を設定します。

再入力設定

パスワードやメールアドレスなど、2 回入力させてチェックする仕組みを設定します。

メール編集

フォームから送信されるメール文を編集します。機能設定で、メールフォーマットが「カスタマイズ」となっている場合にのみ編集可能です。「オートフォーマット」の場合には無効になります。

返信メール編集

自動返信メールの文を編集します。機能設定で、自動返信メール機能が有効になっている場合のみ編集可能です。

確認画面編集

確認画面のHTMLを編集します。機能設定で確認画面表示が有効になっている場合のみ編集可能です。

完了画面編集

確認画面のHTMLを編集します。基本設定の完了画面表示方法が「テンプレートを使ってCGIが出力」になっている場合のみ編集可能です。

エラー画面編集

エラー画面のHTMLを編集します。

ログ管理

ログファイルのダウンロード、削除をすることができます。機能設定で、「ログ出力」が有効になっている場合ののみご利用いただけます。

パスワード変更

管理メニューにログオンするためのユーザー名とパスワードを変更します。