確認画面の HTML テンプレートをブラウザーから編集することができます。機能設定で "確認画面表示" が "有効" になっている場合のみ編集可能です。

▼図:確認画面編集画面
確認画面編集画面

$name属性$ と記述すると、その部分がフォームに入力もしくは選択された値に置き換わってメールが送信されます。たとえば、name 属性が "name" とすると、$name$ と記述します。該当欄に、"太郎" と入力されたとすると、$name$ の部分が "太郎" に置き換わります。

確認画面の form タグ内の action 属性の値には、例のように必ず "$cgiurl$" と指定して下さい。また、form タグの次の行に、"$hidden$" を必ず入れて下さい。

▼formタグの例

<form action="$cgiurl$" method="post">
$hidden$
<p><input type="submit" name="send" value=" 決 定 "></p>
</form>