とりあえず、動作するようにしてみましょう。ここでは、同梱されているフォーム HTMLや、事前に設定されている設置内容をもとに、必要最低限の設定をご案内します。以下の順に従って、CGI を動作させて下さい。

  1. Perl のパス設定
  2. サーバへアップロード
  3. 設置の確認
  4. CGI の設定
  5. フォーム HTML の編集
  6. 動作確認

mpmail.cgi と admin.cgi の Perl のパスを確認しましょう。テキストエディターを使って、これらの CGI ファイルを開いて下さい。1 行目には、#!/usr/bin/perl と書かれているはずです。この行を、ご利用のサーバの環境に合わせて書き換えて下さい。多くのサーバでは、概ね、次のいずれかであることが多いようです。

#!/usr/local/bin/perl
#!/usr/bin/perl

Perlのパスを書き換えた場合は、保存する際に、改行コードを LF(UNIX改行コード) にしてください。もし改行コードを指定することができないテキストエディタをお使いの場合は、いったん保存して、mpmail.cgiとadmin.cgiのみ、サーバへ転送する際に、ASCIIモード(テキストモード)で転送して下さい。(それ以外のファイルはすべてBINARYモードです。)

top へ戻る

フォルダー mpmail をそのままサーバへアップロードしてください。ただし、転送モードとパーミッションには注意してください。サーバにアップロードしたら、下表の通りにフォルダーやファイルのパーミッションを適切に変更して下さい。

ファイル・フォルダー名  転送モード   パーミッション1   パーミッション2 
 mpmail/
変更不要 707
 mpmail.cgi
[BINARY] 704 705
 admin.cgi
[BINARY] 704 705
 form.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 logs/
[BINARY] 変更不要 707
 session/
[BINARY] 変更不要 707
 attachment/
[BINARY] 変更不要 707
 lib/
[BINARY] 変更不要 変更不要
 conf/
[BINARY] 変更不要 707
 checkconfig.cgi
[BINARY] 変更不要 606
 itemconfig.cgi
[BINARY] 変更不要 606
 mpconfig.cgi
[BINARY] 変更不要 606
 template
[BINARY] 変更不要 707
 mail.txt
[BINARY] 変更不要 606
 reply.txt
[BINARY] 変更不要 606
 confirm.html
[BINARY] 変更不要 606
 error.html
[BINARY] 変更不要 606
 thanks.html
[BINARY] 変更不要 606
 admin.additem.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.auth.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.autherr.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.checklist.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.complete.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.conf1.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.conf2.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.confirmeditor.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.dlform.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.error.htmll
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.erroreditor.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.itemlist.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.log.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.logout.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.maileditor.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.menu.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.moditem.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.parent.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.passcdone.htmll
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.passchange.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.replyeditor.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.setpass.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.thankseditor.html
[BINARY] 変更不要 変更不要
 admin.top.html
[BINARY] 変更不要 変更不要

■ 転送先

フォルダー mpmail を、ご利用のサーバにあわせて適切な場所にアップロードしてください。サーバに転送する際には、ご利用のFTPソフトの設定で、明示的に BINARY モードを指定してください。

もし改行コード指定ができないテキストエディタを使ってadmin.cgi, mpmail.cgiのPerlのパスを書き換えた場合は、この2ファイルのみ、ASCIIモード(テキストモード)でアップロードして下さい。

■ パーミッション

上表に記載されているパーミッションは、あくまでも例です。お使いのプロバイダー、ホスティングサービス事業者の指示に従ってください。

上表では、パーミッションを 2 種類掲載しております。CGI がオーナー権限で実行されるサーバをお使いの場合には、パーミッション1の設定を使ってください。CGI が ohter 権限で実行されるサーバをお使いの場合には、パーミッション2の設定を使ってください。

CGI がオーナー権限で実行されるか、other 権限で実行されるかは、お使いのプロバイダーもしくはホスティングサービス事業者に確認してください。おおむね、CGI ファイルのパーミッションが、704 でも動作する場合には、オーナー権限で実行されると考えても結構です。CGI ファイルのパーミッションが、705 もしくは 707 でないと動作しない場合には、other 権限で実行されているとお考えください。

「変更不要」と指定しているファイルは、サーバにアップロードするだけで OK です。あえてパーミッションを変更しないでください。

top へ戻る

 さて、いよいよ管理メニューにアクセスします。ブラウザーから admin.cgi にアクセスしてみてください。パスワード設定画面が出てこれば OK です。もし Internal Server Error や、その他エラーが表示されたら、少なくとも、admin.cgi の Perl のパスとパーミッションを再度確認して下さい。設置が正常に完了していれば、次のパスワード設定画面が表示されます。

▼図:パスワード設定画面
パスワード設定画面

 管理者用パスワード設定画面が出てきたら、管理者用のユーザー名とパスワード(2 回)を入力して "設定" ボタンを押してください。ここで設定したユーザー名とパスワードを使って次回以降、管理者メニューにアクセスします。管理者用のユーザー名とパスワードを設すると、ログオン画面が表示されます。

▼図:ログオン画面
ログオン画面

 ログオン画面に、先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力して "ログオン" ボタンを押してください。認証が通れば、管理メニューが表示されます。

▼図:管理者メニュートップ

 管理者メニューが表示されたら、"システム診断"を選択して下さい。MP Form Mail CGI Professional 版が正しくサーバにセットアップされているかをチェックします。正しくセットアップされていれば、診断項目の右端に"OK"と表示されます。もし正しくセットアップされていない場合には、"NG"と表示され、その下に原因が表示されますので、指示に従い修正して下さい。

▼図:システム診断画面
システム診断画面

top へ戻る

 引き続き、管理者メニューで CGI 設定を行います。管理者メニュー画面の左側のメニューより"基本設定"を選択して下さい。

▼図:基本設定
基本設定

 基本設定画面で次の項目を設定して下さい。

メール送信先アドレス フォームから送信するメールの宛先のメールアドレスを設定して下さい。ここで指定したメールアドレスに投稿された内容が送られてきます。
デフォルトのメール送信元アドレス フォームから送信するメールの差出人のメールアドレスを設定して下さい。
デフォルトのメールサブジェクト フォームから送られてくるメールのサブジェクトを指定して下さい。
sendmail のパス CGI が自動的に、ご利用のサーバの sendmail のパスを取得して表示します。もしホスティング事業者が指定するパスと異なっているようでしたら、この欄を正しいパスに書き換えて下さい。

以上の項目を設定したら、"設定"ボタンを押してください。とりあえず、CGI の動作を確認するためですので、これ以外の設定内容については変更しないで下さい。

top へ戻る

 フォーム HTML を用意します。同梱の form.html をテキストエディターで開いて下さい。

<form action="http://xxxxxx/mpmail.cgi" method="post" enctype="multipart/form-data">

 この記述の http://xxxxxx/mpmail.cgi の部分を、サーバに設置された mpmail.cgi の URL に書き換えてください。form タグ内には、必ず、enctype="multipart/form-data" を加えてください。これがないと、添付ファイルを送ることができません。添付ファイルが不要の場合には、enctype 属性は不要です。

 以上でフォーム HTML の準備は完了です。form.html をサーバにアップロードして下さい。アップロードする場所は、通常の HTML ファイルを設置する場所であれば、どこでも構いません。

top へ戻る

 先ほどサーバにアップロードしたフォーム HTML の form.html にブラウザーでアクセスして下さい。ブラウザーには、次のフォーム画面が表示されるはずです。

▼図:フォーム画面 ▼図:確認画面 ▼図:完了画面
フォーム画面 確認画面 完了画面

 フォームに必要事項を記入して、"決定"ボタンを押してください。確認画面が表示されますので、再度"決定"ボタンを押してください。最後に完了画面が表示されます。同時に、CGI 設定の"メール送信先アドレス"に指定したメールアドレス宛に、フォームから投稿されたメールが送られますので、確認して下さい。次のようなメールが届いているはずです。

【お名前】
futomi

【メールアドレス】
master@futomi.com

【メールアドレス(確認)】
master@futomi.com

【タイトル】
テストです

【感想】
テストテスト
テストテスト

【性別】
男性

【年齢】
35

【電話番号】
03-1234-5678

【趣味】
映画鑑賞


【送信者情報】
・ブラウザー : Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT
5.1)
・送信元IPアドレス: xxx.xxx.xxx.xx
・送信元ホスト名 : xxxx.xxxx.com
・送信日時 : 2004年01月01日(木) 17:21:56

 以上で CGI の動作確認が完了いたしました。次は、本番環境の準備を行います。

top へ戻る