メールアドレスやパスワードなど、2 回入力させてそれぞれが同じであるかをチェックするようにすることができます。 チェックする項目の name 属性をそれぞれ指定してください。 そして、もし入力値が同じでなかった場合に表示するエラーメッセージを指定してください。 最後に "追加" ボタンを押してください。"追加" ボタンを押さないと有効になりませんので、ご注意ください。

 name 属性は、"項目設定" で追加されている項目がリストに表示されます。再入力チェックをしたい項目は、事前に "項目設定" で追加してください。

▼図:再入力設定画面
再入力設定画面

設定した項目を削除する場合には、該当部分のチェックボックスにチェックを入れて "削除" ボタンを押してください。