MP Form Mail CGI Standard版 Ver 5.0.1(メールフォームCGI)

Web上にて、お問い合わせや注文などを受け付け、メールを指定のメールアドレスへ送信するメールフォームCGIです。添付ファイルも送ることができます。また、フォーム、確認画面、エラー画面は、テンプレート方式のため、自由にデザインすることができます。自動メール返信機能つきですので、お問い合わせいただいた方へのフォローも万全!

MP Form Mail CGI シリーズの中で、もっともシンプルかつ機能的なエントリーグレードです。各グレードの機能比較をご覧下さい。 

マニュアル ダウンロード ご購入手続き

主な機能

ファイル添付

フォーム(入力画面)でファイルを指定して、添付ファイルとして受け取ることができます。さらに、添付ファイルのサイズの上限を制限したり、添付ファイルの拡張子を制限することもできますので、いたずら防止に効果的です。

Standard 版では、添付可能なファイルは 1 つです。複数のファイル添付を受け付けたい場合には、Professional版もしくはeCommerce版をご検討ください。

確認画面表示機能

注文やお問い合わせでは、入力間違いを防いだり、本人に再確認させるためにも、確認画面を表示したいものです。Standard版では、設定で表示する、しないを選ぶことができます。

ファイルを添付した場合には、確認画面を表示することはできません。もしファイルが添付されても確認画面を表示したい場合には、eCommerce版をご検討ください。

表示画面を自由にカスタマイズ

確認画面、完了画面、エラー画面は、テンプレート方式をとっていますので、あなたのサイトのイメージに合わせたデザインが可能です。

自動返信メール送信機能(オートレスポンダー)

お問い合わせ、注文などでご利用いただくときには、送信者に対して自動的にメールを返信することができます。返信メールの文章も、テンプレート方式をとっていますので、利用シーンに応じてカスタマイズ可能です。また、フォームで入力値を返信メール内に埋め込むことができますので、メールのはじめに、「○○○○様」のような文言を付け加えることができます。

メールフォーマットを自由にカスタマイズ

メールフォームから送信されるメールの文面もカスタマイズ可能です。デフォルトでは、規定のフォーマットで送信されます。しかし細かく指定したい場合には、テンプレート方式を採用できますので、デザインは自由自在です。

英文ワードラップ・禁則処理

フォームメールの場合、利用者は改行を入れずに投稿することが多々あり、読み手にとっては、メールソフトで読みにくくなります。簡易折返・英文ワードラップ機能を使うことにより、指定文字で折り返され読みやすくなります。

ロギング機能

フォームの内容をメールで送るだけではなく、ログファイルに保存することが可能です。ログファイルフォーマットは、「カンマ区切り」「スペース区切り」「タブ区切り」から選択できます。Execlのような表計算ソフトに取り込むときに便利です。

文字数制限機能

テキストエリアやテキストフィールドでの文字数制限をかけることができます。

Standard版では、項目ごと個別に文字数制限をかけることはできません。全項目共通の設定となります。個別に文字数制限をかけたい場合は、Professional版もしくはeCommerce版をご検討ください。

必須項目の指定

フォームメールCGIでは、必ず入力・選択してもらいたい項目があるものです。MP Form Mail CGIでは、個々に必須項目を設定することができますので、せっかく頂いたメールの情報不足から開放されます。

シリアル番号付与

各メールには、シリアル番号(一意的な番号)を付与することができます。シリアル番号は、送信していただいた方への自動返信メールにも入れることができます。注文番号やお問い合わせ番号にご利用いただけます。

アクセス制限

ドメイン名やIPアドレスを指定して、指定のサイト訪問者の利用を拒否することができます。いたずら対策にご利用いただけます。また、自分の知らない間に、ご自分の設置した CGI に対して、全く別のサイトからリクエストされてしまうことが考えられます。それに対抗するために、リクエストをすることができるフォームの URL やドメインを限定することができます。フォームの URLやドメインを限定すれば、不正利用を防ぐことができます。

シェアウェア料金

料金

個人利用 1,080円(税込)

法人・商用利用 2,160円(税込)

  • 個人利用であっても、個人商店など商用サイトでのご利用の場合には、「法人・商用利用」を適用いたします。
  • ホームページ作成代行業などの業者様でクライアントに対して本CGIを代行で設置提供する場合には、「法人・商用利用」を適用いたします。
  • 本CGIは、同サイト内であればいくつ設置して頂いても構いません。ただし、運営者が同じでも、主旨が異なるサイトに設置する場合には、それぞれにシェアウェア料金を適用します。
  • 本CGIは、試用期間を設けておりません。シェアウェア料金をお支払いいただく前に、十分ご試用いただき、ご納得いただいてからお支払いいただきますようお願いいたします。

お支払い方法

クレジットカード決済、コンビニ決済、Vectorシェアレジ、銀行振込をご用意しております。シェアウェア料金のお支払はこちらからどうぞ。

ご購入手続き

CGIのダウンロード

ダウンロードの前に、必ず、CGI 利用規定を良くお読みになり、同意したうえで、ご利用下さい。

バージョン サイズ ファイル
5.0.1 492 KB (504,039 バイト) mpmails5_0_1.zip ダウンロード

バージョンアップ履歴

Ver 5.0.0 から Ver 5.0.1 までの更新 -
  • ①、㈱、﨑、鄧、髙といった拡張文字(機種依存文字)に対応した。(Perl 5.005 以前のバージョンには対応しておりません。)
  • 禁則処理において、行頭禁止文字が折り返し末に来ると、改行が余分に追加されてしまう不具合を改修した。
  • 海外サーバを利用している場合、送信日時が現地時間になってしまったいたが、それを日本時間となるよう改良した。
Ver 4.2 から Ver 5.0.0 までの更新 -
  • ソースコード、ディレクトリ構成、Perl モジュールなどを、ソースコードの保守性・柔軟性向上のため、完全に一新した。
  • 一部のサーバでは、-fオプションを与えないとエラーになるため、sendmail に対して-fオプションを与えるよう改良した。
  • CGIファイルのPerlのパスを #!/usr/local/bin/perl から #!/usr/bin/perl に変更した。
  • 差出人名、サブジェクトの全角 14 文字目に「室」が来ると文字化けるバグを改修した。

以前のバージョンアップ履歴は、マニュアルをご覧下さい。