RSS生成CGI Ver 2.0.2

あなたのサイトでも今すぐ RSS フィードを実現!

RSS 簡単一発作成 『RSS 生成 CGI』

近年、RSS リーダーの普及が進み、また、各種主要ブラウザーにも RSS リーダーとしての機能が実装されるようになってきました。このように、読者側の環境はすでに整ってきた段階に入りつつあり、RSS は新たな情報配信メディアになってきております。RSSフィードの可能性が高く評価される一方、自社サイトをブログツールで再構築して RSS を自動的に生成できるようにするのも大変なことです。あえてブログにするつもりがないサイトが大多数でしょう。RSS を自分で作るといっても、テキストエディターを使って自分で作るのはとても面倒です。

このようなサイトにとって、簡単に RSS フィードを実現するのが、『RSS 生成 CGI』です。ご利用のホームページサーバに RSS 生成 CGI を設置していただき、ご利用いただきます。インストーラー付きですので、誰でも簡単にセットアップすることができます。RSS 生成 CGI は、ブログツールで記事を書き込むのと同じように、ブラウザーを使ってどんどんと新着情報を追加していくことで、RSSファイルを生成します。あわせて、HTMLファイルも同時に生成することができます。

ぜひ、貴サイトでも、RSS フィードを提供してみませんか。

サンプル マニュアル ダウンロード ご購入手続き

特徴

簡単セットアップ

RSS生成CGIはインストーラー付きです。インストーラーとなるCGIをブラウザーでアクセスするだけで、必要なファイルを適切に設定し、すぐにご利用いただける状態にします。

ブラウザーから設定

すべての設定をブラウザーを使って行います。テキストエディタを使った難しい設定はありません。初心者の方でも簡単にセットアップできます。また telnet の環境も必要ありませんので、telnet の環境を提供していないホスティングサービスをご利用の場合でも、ご利用いただけます。

簡単な記事追加作業

新着情報などの記事を、掲示板に記事を書き込むように追加していきます。記事追加のたびにHTMLを編集するといった手間は一切必要ありませんので、どなたでも運用することができます。また、記事を登録する際に、実際に該当のURLが存在するかをチェックする機能も装備していますので、入力ミスを防ぐことができます。※1

RSS1.0/RSS2.0/Atom1.0に対応

RSSは、いくつかの規格に分かれております。RSS生成CGIはRSS1.0/RSS2.0/Atom1.0に対応しています。設定に応じて、これらのRSSファイルを同時に生成することが可能です。ほとんどのRSSリーダーがこれら規格に対応していますので安心です。

ポドキャストに対応

RSS生成CGIは「RSS 2.0 iTunes Podcasting」に対応したRSSを出力することも可能です。

HTML生成機能も装備

登録された記事情報をもとにHTMLも同時に生成することができます。貴サイトのトップページに掲載する新着欄などに活用することができます。もちろん、単独のページとしてご利用いただくことも可能です。生成するHTMLはテンプレート方式を採用していますので、ご自由にデザインをカスタマイズすることができます。

外国語に対応

日本語、英語はもちろんのこと、フランス語や中国語などの外国語に対応しました。※2

リーズナブルな料金体系

RSS生成CGIは、サイト(ドメイン)ごとのライセンス料金体系を採用しています。1ライセンス分の料金のみで、継続してご利用いただけます。月々の料金のお支払は一切不要ですので、とてもリーズナブルです。

動作環境

サーバ環境

本CGIが動作するサーバー環境は以下の通りです。

必須条件

以下の条件は、本CGIが動作する最低限の環境です。この条件が満たされない場合は、本CGIは動作しませんので注意してください。

  • UNIX系サーバー(LinuxやFreeBSDなど)※1
  • Perl 5.6.1※2 以上(5.8.1以上推奨)
※1
Windowsサーバでは動作しません。
※2
Perl 5.8.1 未満の場合、すべての機能が期待通りに動作しない場合があります。

オプション

以下の条件は必須ではありませんが、インストールされていることでCGIの機能が追加されます。

  • Perlモジュール LWP::UserAgent ※3
  • Perlモジュール HTML::Parser ※4
  • Perlモジュール Image::Magick ※5
  • Perlモジュール GD ※5
※3
LWP::UserAgent は、入力フォームにURLが入力された際に、そのURLが実在するかどうかをHTTP通信を使ってチェックする機能で使われます。
※4
HTML::Parser は、記事内容にHTMLタグを記述したい場合に使われます。このモジュールがインストールされていない環境では、記事にHTMLタグを利用することはできません。
※5
Image::Magick と GD は、チャンネルロゴを登録する際に、所定サイズ以内にサムネイル化するために使われます。この機能はいずれか一方がサーバーにインストールされていれば機能します。このモジュールがインストールされていない環境では、チャンネルロゴを登録する際、事前に所定のサイズに縮小した画像を用意する必要があります。

ブラウザー環境

管理メニュー

管理メニューをご利用頂けるブラウザー環境は以下の通りです。

  • Internet Explorer 6 ※6 以上(7以上推奨)
  • Firefox 3.0 以上
  • Opera 9.5 以上
  • Safari 3.0 以上
※6
Internet Explorer 6 でも問題なく管理メニューが動作しますが、一部、見苦しい箇所があります。そのため、Internet Explorer 7 以上を推奨しています。ただし、日本語・英語以外の言語を扱う場合は、Internet Explorer 6 ではご利用頂けませんので注意してください。

シェアウェア料金

料金

1 サイトあたり ¥5,400(本体価 ¥5,000/消費税 ¥400)

  • 本CGIの料金は、ご利用のサイトごとに発生いたします。同一サイト内であればいくつ設置して頂いても構いません。
  • 同一サイトとは、運営主体(運営者、運営組織)が同一で、かつ、同一の内容をテーマとした範囲を指します。
  • 運営主体が同一でも、まったく異なる主旨のサイトの場合には、別のサイトとし、それぞれにライセンスが必要となります。
  • 総合情報サイトのように、さまざまなテーマを取り上げたサイトの場合には、それは同一のサイトとします。各コーナーを委託して作成してもらっている場合も、同様です。ただし、それぞれのコーナーが、その総合サイトに含まれていることが分かることが前提です。明らかに、別のサイトで、かつ、リンクを張った だけの場合には、別サイトとさせていただきます。俗に言う、姉妹サイトは、別サイトとみなします。
  • シェアウェア料金をお支払いいただく前に、十分ご試用いただき、ご納得いただいてからお支払いいただきますようお願いいたします。

お支払い方法

クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込をご用意しております。シェアウェア料金のお支払はこちらからどうぞ。

ご購入手続き

CGI のダウンロード

ご試用の前に、必ず、CGI 利用規定を良くお読みになり、同意したうえで、ご利用下さい。

バージョン サイズ ファイル
2.0.2 3.41 MB (3,577,486 バイト) rss2_0_2.zip ダウンロード

バージョンアップ履歴

Ver 2.0.1 から Ver 2.0.2 までの更新 -
  • 記事URLで入力できる文字を緩和した。512文字まで入力できるようにした。
Ver 2.0.0 から Ver 2.0.1 までの更新 -
  • インストーラーを使ってCGIをセットアップ素縷々際に、staticディレクトリのURLに、http:// から入力できなかった不具合を改修した。
  • システム設定のstaticディレクトリのURLに、http:// から入力できなかった不具合を改修した。
Ver 2.0.0 -
  • リリース